地歌    葵上 (あおいのうえ)
日本の平安時代に生まれた「源氏物語」という長編物語の中の1エピソード。
主人公光源氏の正妻葵の上にかつて東宮妃という高い地位にあった六条御息所が嫉妬のあまり生霊となって現れ、病床の葵上を苦しめるという内容の舞で、歌詞の三分の二は謡曲(能楽の台本)「葵上」から移されております。
能楽の葵上も同じですが、この舞の主人公は、題名と違い、六条御息所になります。苦しめられる葵上は登場しません。舞手は、舞台前方に病気に臥せっている葵上を意識して舞います。                                                                                                                                            
嫉妬に狂った鬼の姿の内面に、高貴で奥ゆかしい女性が鬼とならざるを得なかった哀しみを秘めた曲でもあり、井上流の代表曲のひとつとされている。

地歌 八島  (やしま)
曲は能楽の「屋島」(屋島の浦で旅僧が源義経の亡霊から源平の戦いと武将たちの死後の修羅場のさまを語り聞かされる)に取材したもので、歌詞の多くは謡曲から取り入れられています。この演目の登場人物は、源義経。この義経、戦いの天才といわれ、幼少期に鞍馬寺で天狗から武術の稽古を受けたという伝説もあります。                                                 
その義経が戦うさまを描いております。
Back to Top